メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー 山鹿出身で東福岡高・荒木遼太郎選手、Jリーグ・鹿島入団内定 プロで鍛え「日本代表に」 /熊本

入団が内定した鹿島のユニホームに袖を通し、笑顔を見せる荒木選手

 世代屈指の技巧派MFが、Jリーグの常勝軍団に飛び込む。高校サッカーの強豪・東福岡高の荒木遼太郎選手(17)の鹿島アントラーズ入りが内定。福岡市内の同校で今月9日に記者会見し「ビッグクラブでプレーできることをうれしく思う。少しでも早く試合に出て、チームに貢献したい」と意気込んだ。【野村和史】

 熊本県山鹿市出身。ロアッソ熊本の下部組織から同校に進み「親元を離れて自立したい思いがあった」と振り返る。170センチ、64キロと細身ながら、正確なパスでチームを操る。年代別日本代表に名を連ね、昨年はU16(16歳以下)アジア選手権優勝を経験。今年は7月に左膝のけがで全国高校総体は欠場したが、技術の高さや得点力への評価は高く、複…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. ORICON NEWS 伊藤健太郎容疑者、12月放送予定のNHKドラマ降板 オンデマンドでの作品販売も停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです