メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー 山鹿出身で東福岡高・荒木遼太郎選手、Jリーグ・鹿島入団内定 プロで鍛え「日本代表に」 /熊本

入団が内定した鹿島のユニホームに袖を通し、笑顔を見せる荒木選手

 世代屈指の技巧派MFが、Jリーグの常勝軍団に飛び込む。高校サッカーの強豪・東福岡高の荒木遼太郎選手(17)の鹿島アントラーズ入りが内定。福岡市内の同校で今月9日に記者会見し「ビッグクラブでプレーできることをうれしく思う。少しでも早く試合に出て、チームに貢献したい」と意気込んだ。【野村和史】

 熊本県山鹿市出身。ロアッソ熊本の下部組織から同校に進み「親元を離れて自立したい思いがあった」と振り返る。170センチ、64キロと細身ながら、正確なパスでチームを操る。年代別日本代表に名を連ね、昨年はU16(16歳以下)アジア選手権優勝を経験。今年は7月に左膝のけがで全国高校総体は欠場したが、技術の高さや得点力への評価は高く、複…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  2. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです