メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国東市、移住者に挙式プレゼント 人口減少対策で独自の施策 第1号は森山さん、23日に野外教会で /大分

手作り結婚式を挙げる森山夫妻と三河・国東市長(左)

 人口減少に悩む国東市は、移住者を増やそうと今年度から移住者カップルへ手作り結婚式を贈る施策を始めた。第1号のカップルは、同市国見町伊美へ移住したイラストレーターの森山桂司さん(34)とゴムハンコ作家の香菜恵さん(36)夫妻に決まった。23日に挙式する。【大島透】

 5年以内に県外から移住したものの、何らかの事情で結婚式を挙げていないカップル1組へ結婚式の費用50万円を贈る市独自の施策。3組の応募カップルから森山さん夫妻が選ばれた。

 2人は同地区で毎年開かれる工芸作家のギャラリー巡りのイベントに出店した際「近所の人たちが親切なうえ、子供たちが礼儀正しい。季節の野菜がおいしい」と気に入り、移住を決めたという。

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 行く手を阻むバス、バス… 60台で巨大迷路 コロナ禍逆手に「はとバス」企画

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです