メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

診療報酬ってどんなもの? 医療行為への対価 患者と保険者が負担=回答・佐藤丈一

 なるほドリ 病院に行ったお父さんが「医療費(いりょうひ)が高いなあ」ってぼやいていたよ。医療にかかるお金ってどういう仕組みなの?

 記者 患者(かんじゃ)さんが病院や診療所(しんりょうじょ)で受ける診察(しんさつ)や検査などの医療行為の値段は、公定価格で細かく決まっています。単価は1点10円です。これを積み上げた合計額が医療費になります。患者さんが実際に病院の窓口で支払(しはら)うのは、全体の1~3割にあたる一部負担になります。医療機関に入るお金を診療報酬(ほうしゅう)といいます。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  2. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  3. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです