メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

温暖化踏まえた防災・減災 土木研究所水災害・リスクマネジメント国際センター長 小池俊雄氏

=茨城県つくば市で

 昨年の西日本豪雨、今年10月の台風19号など、地球温暖化の影響が指摘される気象災害が相次いでいる。温暖化を踏まえた治水への転換を提言した、国土交通省の有識者検討会座長で土木研究所水災害・リスクマネジメント国際センターの小池俊雄センター長(62)に、提言のポイントや温暖化が進む社会での防災・減災のあり方を聞いた。【聞き手・大場あい】

この記事は有料記事です。

残り2752文字(全文2919文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  2. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  3. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  4. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  5. JR東海が23年ぶり新型特急車両 初のハイブリッド方式、120キロで営業運転へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです