メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

温暖化踏まえた防災・減災 土木研究所水災害・リスクマネジメント国際センター長 小池俊雄氏

=茨城県つくば市で

 昨年の西日本豪雨、今年10月の台風19号など、地球温暖化の影響が指摘される気象災害が相次いでいる。温暖化を踏まえた治水への転換を提言した、国土交通省の有識者検討会座長で土木研究所水災害・リスクマネジメント国際センターの小池俊雄センター長(62)に、提言のポイントや温暖化が進む社会での防災・減災のあり方を聞いた。【聞き手・大場あい】

――温暖化は日本の気候に既に影響をもたらしているのでしょうか。

 台風19号では120地点で12時間降水量の観測史上1位の記録を更新しました。台風が勢力を落とさずに日本に接近したり、西日本豪雨のようにかつてないような量の水蒸気が梅雨前線に流れ込んだりするのは、日本周辺の海面水温が上がっているからで、温暖化の影響とみておかしくありません。

この記事は有料記事です。

残り2584文字(全文2919文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです