メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

ヤフー・LINE統合合意 米中巨大ITに挑む AIでサービス強化

経営統合についての記者会見で笑顔で記念撮影に応じるZホールディングスの川辺健太郎社長(左)とLINEの出沢剛社長=東京都港区で18日午後5時42分、吉田航太撮影

 ヤフーを展開するZホールディングス(HD)とLINEは18日、経営統合に向けて基本合意し、「世界をリードするAI(人工知能)企業」を目指すと宣言した。規模の拡大や相乗効果の発揮によって競争力を高め、米中の巨大IT企業に渡り合えるかどうかが注目される。一方で、検索やSNS、決済サービスなどで分厚い顧客基盤を持つ両社の統合にはデータの寡占化などの懸念もあり、公正取引委員会の審査の行方も焦点になりそうだ。

 「人やお金、データが強いところに集約され、勝者総取りの世界。強いところはもっと強くなり、差が開いていく」。LINEの出沢剛社長はZHDの川辺健太郎社長との共同記者会見で、世界を席巻する巨大IT企業への危機感が統合の原動力になったことを明かした。この日は出沢社長が赤、川辺社長は緑と、お互いが相手企業のイメージカラーのネクタイを着用。川辺氏は「最強のワンチームを目指す」と力を込めた。

この記事は有料記事です。

残り2006文字(全文2400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. プロ野球 DeNA5-2広島 広島・森下、新人王へ足踏み

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 自民・杉田議員、なぜ問題発言連発 識者「安倍政権の空気反映」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです