メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

移植手術から約3年。青山竜馬さん(右)は、移植を受けた次女環ちゃん(中央)に「心臓には大切な友達がいるんだよ」と伝えている。左は妻夏子さん=大阪府吹田市の自宅で

 「海外渡航移植がなくなること それが私たちのゴールです」。海外渡航移植を支援する非営利団体「トリオ・ジャパン」(東京都)のホームページを開くと、そんなメッセージが飛び込んでくる。臓器提供の意思はあっても、行動に移す人はなかなか増えない。2018年に会長に就任した大阪府吹田市の会社員、青山竜馬さん(39)は「誰もが突然、提供する側にもされる側にもなる」と、国内移植への理解を広げるため啓発活動に力を入れる。

この記事は有料記事です。

残り1465文字(全文1669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 「離さへん!」再現 朝ドラ「スカーレット」舞台で松下洸平さんトークショー

  5. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです