メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

ALL・FOR・2020 東京へ ともに歩む Passion 競歩界の新星・川野将虎 チーム内で競い成長

全日本50キロ競歩高畠大会を日本新記録で制してガッツポーズする川野将虎=山形県高畠町で2019年10月27日、小林悠太撮影

 今、最も東京五輪でメダルが期待される種目の一つが陸上競技の競歩だ。今秋のドーハ世界選手権で、男子50キロ競歩の鈴木雄介(31)=富士通、同20キロの山西利和(23)=愛知製鋼=が金メダルを獲得し、五輪代表に決定した。競歩で日本選手が金メダルを獲得するのは五輪、世界選手権を通じて初めてだが、逸材は他にもいる。21歳の川野将虎(まさとら)=東洋大。10月27日の全日本50キロ競歩高畠大会(山形)で3時間36分45秒の日本新記録で初優勝し、五輪切符をつかんだ。第三の男の素顔に迫る。【新井隆一】

この記事は有料記事です。

残り1521文字(全文1768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです