メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

スポーツ・フィールドワーク 青少年スポーツ改革 「学校単位」から「地域型」へ=友添秀則

 東京五輪のマラソンと競歩の札幌移転は賛否を巡って意見が割れ、経費をどの組織が負担するかで後ろ向きな議論が続いています。ただ、五輪開幕まで300日を切り、市民がスポーツに熱いまなざしを送る今こそ、日本のスポーツの在り方を大きく変えるチャンスと捉えるべきです。今回は青少年スポーツの改革案を示します。

 日本は人口減少と少子化が進んでいます。私が関わる運動部活動の共同研究では、2048年に中学と高校の軟式野球、ソフトボール、ラグビーなどの団体球技で各校の平均部員数がチームを作るのに必要な人数より少なくなる見込みです。「衰退社会」になるか「成熟社会」になるか。その分かれ目が東京五輪だと思います。

 しかし、今のやり方のままでは、生徒数が減る学校で部活動の廃部が相次ぎ、選択できる競技が絞られてしま…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1142文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです