メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画興行成績

「ターミネーター:ニュー・フェイト」がV2 「映画 すみっコぐらし」が2位にランクアップ

映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」の一場面 (C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

[PR]

 11月18日に発表された16、17日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、ヒット作「ターミネーター2」(1991年)の正統な続編となるシリーズ最新作「ターミネーター:ニュー・フェイト」(ティム・ミラー監督)が2週連続で首位を獲得した。土日2日間で約20万5000人を動員し、興行収入は約3憶円を記録。累計では、動員で95万人、興行収入で13億円を突破している。

 前週に3位スタートを切った人気キャラクター、すみっコぐらしの劇場版アニメ「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」(まんきゅう監督)は、土日2日間で動員14万8000人、興収1億8300万円を上げ、2位にランクアップ。動員比で143%、興行収入比で152%という躍進を遂げている。累計では、動員で33万人、興行収入で4億円を突破した。

 初登場作品では、「エンド・オブ・ホワイトハウス」「エンド・オブ・キングダム」に続く「エンド・オブ~」シリーズの最新作「エンド・オブ・ステイツ」(リック・ローマン・ウォー監督)が8位にランクインした。11月15日の公開初日から3日間の累計では、動員4万人、興行収入5000万円を突破した。

 累計では、今回3位の「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」(アンディ・ムスキエティ監督)が動員で92万人、興行収入で13億円に届く勢いを見せている。4位の「ジョーカー」(トッド・フィリップス監督)は動員317万人、興行収入46億円、7位の「マレフィセント2」(ヨアヒム・ローニング監督)は動員97万人、興行収入13億円にそれぞれ達している。

 1位 ターミネーター:ニュー・フェイト

 2位 映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ

 3位 IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

 4位 ジョーカー

 5位 マチネの終わりに

 6位 冴えない彼女の育てかた Fine

 7位 マレフィセント2

 8位 エンド・オブ・ステイツ

 9位 ひとよ

 10位 Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです