メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米貿易協定、衆院通過も晴れぬ疑問 政府、明確な答弁避ける

 日米両国の農産物や工業品の関税を削減・撤廃する日米貿易協定案が19日、衆院本会議で与党の賛成多数で可決され、衆院を通過した。だが、関税撤廃が見送られた日本製の自動車とその部品を巡る今後の交渉の見通しなどについて、政府の説明はあいまいなまま。論戦の舞台は参院に移るが、協定を巡る疑問が晴れるかは見通せない。

 「トランプ米大統領の追加関税の脅しに屈したのではないか」。立憲民主、国民民主両党などの統一会派の後藤祐一氏はこの日の採決前の討論で政府の姿勢を批判した。

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1142文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. 人を恐れない「新世代クマ」か 里山の奥山化、すぐ人里に 全国で襲撃相次ぐ

  4. 東京五輪狙ったロシアの妨害計画、英当局が阻止 英タイムズ報道

  5. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです