メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ、キャッシュレス決済アプリの提供開始 海外展開も計画

トヨタ自動車=村田由紀子撮影

 トヨタ自動車は19日、スマートフォン用のキャッシュレス決済アプリ「トヨタウォレット」を開発し、提供を始めたと発表した。車の「所有から利用へ」の流れが進む中、カーシェアリングやレンタカー事業などで少額決済の利便性向上を図る。また、利用者の消費行動に関するデータを集め、商品やサービス改善にも生かしたい考えだ。

 アプリには3種類の決済手段を搭載。事前チャージ型は電子マネー「iD(アイディ)」、後払い型は「Origami Pay(オリガミペイ)」、即時に銀行口座から引き落とされるデビット型は「銀行Pay」の各加盟店で使用できる。今後は決済事業者をさらに増やすほか、海外展開も計画している。

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. ファミマ、11月上場廃止へ 伊藤忠による全株取得を承認 立て直し急ぐ

  3. 特権を問う 生活水源から発がん性物質 汚染源は米軍? 立ち入り調査に高い壁

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. コロナ感染の高鳥衆院議員、「差別解消法」議員立法提出目指し勉強会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです