メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「欧州最後の独裁」ベラルーシ ゲーム産業急成長 高福祉の「アメとムチ」

世界的にヒットしたオンラインゲーム「ワールドオブタンクス」の製作に関連する作業に当たるマクシムさん=ミンスクのウォーゲーミング社で2019年11月14日、大前仁撮影

 「欧州最後の独裁国家」とも呼ばれる旧ソ連のベラルーシで17日に下院選(定数110)が実施されたが、与党系の全勝に終わった。ルカシェンコ大統領(65)が権力を掌握し四半世紀が過ぎるが、政治体制に変化の兆しは見られない。一方で政府の支援を受けたIT産業が急成長し、経済面では変革も訪れている。【ミンスクで大前仁】

 2016年の前回下院選では野党や独立系候補が20年ぶりに当選したが、今回は与党系が全勝。再び野党が…

この記事は有料記事です。

残り1526文字(全文1731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです