メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国、香港に司法介入 覆面禁止法「違憲」を否定「全人代だけが判断」

香港理工大での警察との衝突後、けがの手当てを待つデモ参加者ら=香港で19日、ロイター

 中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会は19日、覆面禁止法の制定手続きが香港基本法(憲法)に違反するとした香港高等法院(高裁)の判断を否定する声明を発表した。常務委員会は基本法の解釈権を有しており、声明は基本法の解釈は「全人代常務委だけが判断できる」と改めて強調した。中国側が事実上、司法への介入に踏み込んだ形だ。香港の司法機関の判断が中国側の介入で覆される事態になれば、香港内部はもちろん、米国など国際社会からも「『1国2制度』の空洞化」との批判が強まることは必至だ。【北京・河津啓介】

 国営新華社通信が伝えた。声明は、全人代常務委法制工作委員会の報道官が発表。香港高裁の「違憲」判断は「基本法と全人代の関連規定に合致しない」とした。また「一部の全人代代表(議員)から強い不満が示され、法制工作委員会も重大な関心を表明する」と指摘し、「香港の行政長官と政府の管轄統治権を著しく損なう」と問題視した。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文892文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. JR東が終電繰り上げ、最大37分 来春、首都圏17路線

  3. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです