メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

屋上の看板補修工事に使った足場を解体中、鉄パイプが落下した雑居ビル=和歌山市十三番丁で2019年11月19日午前9時27分、木原真希撮影(画像の一部を加工しています)

 19日午前8時20分ごろ、和歌山市十三番丁の12階建て雑居ビルから鉄パイプ(約1・5メートル)が落下し、ビルの前を歩いていた大阪市中央区谷町、銀行員、板垣智之さん(26)の頭に当たった。板垣さんは病院に搬送されたが、約4時間半後に死亡した。

 和歌山県警和歌山西署によると、ビルの屋上では、看板の補修…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです