ハンセン病家族補償、22日から請求受け付け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 15日に成立したハンセン病元患者家族補償法が22日に施行されるのに伴い、厚生労働省は同日から補償金の請求を受け付ける。

 支給対象者は元患者の親、子、きょうだい、同居歴のある孫、おい、めいら。家族関係によって180万円か130万円が支給される。元患者の療養所への入所歴は問わない。

 請求書は同省のウェブサイトからダウンロ…

この記事は有料記事です。

残り74文字(全文234文字)

あわせて読みたい

注目の特集