メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

21年ぶりの東京公演へ 井上流「京舞」入念に稽古 京都 

上方唄「萬歳」を舞う舞妓=京都市左京区の京都芸術劇場春秋座で2019年11月19日午前11時9分、菅沼舞撮影

 井上流「京舞」の21年ぶりの東京・国立劇場での公演(29、30日)を前に、京都芸術劇場春秋座(京都市左京区)で19日、舞台稽古(げいこ)が行われた。華やかな衣装に身を包んだ芸舞妓(げいまいこ)の位置や動きを、京舞井上流五世家元・井上八千代さんらが丁寧に確認した。

 正装の黒紋付きに身を包んだ芸妓が拍子木を打ち鳴らす…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文396文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです