メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日常的に「ばか」と叱責、歓迎会で平手打ち…警部をパワハラで処分 長崎

長崎県警本部=長崎市尾上町で2019年3月1日、松村真友撮影

 長崎県警が、部下を日常的に「ばか」などと叱責するパワハラ行為を続けたとして、県警本部に勤務する40代の男性警部を所属長注意の処分にしていたことが、毎日新聞の情報公開請求で分かった。処分は10月29日付。

 県警監察課によると、警部は職場内で30代の男性職員に対し、日常的に「ばか」などと叱責していた。昨年9月…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  3. 新型コロナ ワクチン3.1億回確保 首相表明 2社は実用化遅れ

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 将棋 第79期名人戦A級順位戦 菅井竜也八段-糸谷哲郎八段 第28局の3

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです