メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

 全国大会に出場経験がある大分県日出(ひじ)町の小学校女子バレーボールチームで、50代の男性監督が、練習中に女子児童に平手打ちや蹴るなどの体罰をしていたことが、関係者への取材で判明した。県小学生バレーボール連盟(県小連)は体罰の認定を見送ったが、日本小学生バレーボール連盟(日小連)は隠蔽(いんぺい)された疑いもあるとして今月、県小連に再調査を指示した。

 チームは地域のクラブチームで、監督は長年指導にあたっており、現在は小学校で教頭も務めている。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で新たに212人感染確認 3日ぶり200人超え 新型コロナ

  2. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  3. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです