メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

 全国大会に出場経験がある大分県日出(ひじ)町の小学校女子バレーボールチームで、50代の男性監督が、練習中に女子児童に平手打ちや蹴るなどの体罰をしていたことが、関係者への取材で判明した。県小学生バレーボール連盟(県小連)は体罰の認定を見送ったが、日本小学生バレーボール連盟(日小連)は隠蔽(いんぺい)された疑いもあるとして今月、県小連に再調査を指示した。

 チームは地域のクラブチームで、監督は長年指導にあたっており、現在は小学校で教頭も務めている。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです