メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井七段、最年少タイトル挑戦ならず 広瀬竜王が制す 王将戦リーグ最終局

[PR]

広瀬章人竜王に敗れ、対局を振り返る藤井聡太七段=東京都渋谷区の将棋会館で2019年11月19日午後7時51分、小川昌宏撮影

 第69期大阪王将杯王将戦リーグ(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛)の最終局3局は19日、東京都渋谷区の将棋会館で一斉に行われた。4勝1敗で首位に並んでいた広瀬章人竜王(32)と藤井聡太七段(17)が対戦し、広瀬が126手で勝って渡辺明王将(35)への挑戦権を獲得した。王将戦挑戦は初めて。史上最年少でのタイトル挑戦権獲得を目指した藤井は惜しくも敗れ、屋敷伸之九段(47)が持つ記録(17歳10カ月)の更新はならなかった。

 広瀬は今期リーグで、豊島将之名人(29)や羽生善治九段(49)らを破るなど好調を維持。一方、藤井は王将戦1次予選から出場し、7連勝で初めてリーグ戦に進出。豊島に敗れたものの、羽生らタイトル経験者を次々と破った。

 勝った方が挑戦者に決まるこの日の大一番。将棋会館には午前中から大勢の報道陣が詰めかけ、対局室は熱気に包まれた。午前10時から始まった対局は藤井の先手番で始まり、「矢倉」の戦いから形勢が二転三転する大熱戦に。最後は広瀬が藤井の玉を即詰みに討ち取った。

 広瀬は「負けにしたと思ったが、最後は運が良かった。歴史的な王将戦に初めて挑戦できてとてもうれしい。渡辺王将は充実しているので、対策を立てていい勝負をしたい」と振り返った。藤井は「最後に間違えてしまったが、それが実力かなと思う。また実力を高めて頑張りたい」と肩を落とした。

 藤井は広瀬に敗れたが、4勝2敗の好成績を収め、次期リーグ残留を決めた。最年少挑戦記録達成の可能性は、現在2次予選準決勝まで勝ち進んでいる第91期棋聖戦を残すだけになった。

 王将戦七番勝負第1局は来年1月12、13日、静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で行われる。【山村英樹、新土居仁昌、丸山進】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです