メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市カジノ「万博前を目指しつつ」開業時期明記せず 実施方針案

IR実施方針案の概要

 大阪市は19日、大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)への誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)について、事業者に求める条件を定めた実施方針案をまとめた。大阪府・市は、夢洲で2025年に開かれる大阪・関西万博との相乗効果を狙い、24年度中のIR全面開業を目指していたが、万博と工期が重なるため調整が難航。方針案では「万博前の開業を目指しつつ、早期開業による事業効果が実現できるよう、公民連携して取り組む」と事実上の努力目標にとどめ、開業時期は明記しなかった。

 同日開いた非公開の会議で、整備目標や費用負担、今後のスケジュールなどを決め、21日に公表する。関係…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです