メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立競技場の民営化、計画は先送りに 20年秋以降に公募

工事が完了した新国立競技場=東京都新宿区で2019年11月19日午後1時45分、本社ヘリから宮本明登撮影

 政府は19日、2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の関係閣僚会議を開き、年内に決める予定だった大会後の民営化計画策定を20年秋以降に先送りすると確認した。事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)を傘下に持つ文部科学省によると、大会の警備上の理由で詳細な図面を開示できず、運営権取得に関心を持つ民間事業者側から採算性などを判断できないとの意見が出たためという。

 政府は17年11月の関係閣僚会議でトラックを取り外し、サッカーやラグビーなどの球技専用に改修する基…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです