メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クイーンズ駅伝・注目選手

積水化学・佐藤早也伽 急成長でチームのエースに マラソン前に地元で快走を

陸上の全日本実業団対抗選手権女子1万メートルで日本勢トップの2位になった積水化学の佐藤早也伽=大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居で2019年9月20日、猪飼健史撮影

[PR]

 「クイーンズ駅伝in宮城 第39回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)が24日、宮城県を舞台に行われる。22チームが参加し、令和最初の「女子駅伝日本一」の座を懸けたレースに挑む注目選手を紹介する。(年齢はレース当日現在)

佐藤早也伽(25)=積水化学

 今年は大きな進化を遂げている。2月の全日本実業団ハーフマラソンで優勝すると、9月の全日本実業団対抗選手権の1万メートルでも日本勢トップの2位に入った。個人能力の高い選手が集まるチームでもエース格に成長した。

 予選会もチームの1位通過に大きく貢献した。昨年の予選会は1区で区間賞に輝いたが、今年は各チームのエースが集まる3区で起用された。「(エース区間の3区は)初めてですごく緊張したけど、ずっと走りたいなと思っていた。それがかなって、うれしかった」。5位でたすきを受けると、落ち着いた走りでチームを首位に押し上げた。「絶対に先頭で次に渡したいと思っていた。それができたのは最低限よかった」

 宮城・常盤木学園高から東洋大を経て入社3年目。急成長の要因について、野口英盛監督は「故障が少ない。ハーフマラソンとか一つ一つの目標をかなえられているので、どんどん前向きに取り組めている」と語る。加えて、予選会後も「全然満足できない」と自己評価が厳しかったように、向上心が高いのも長所だ。

 冬には初マラソンに挑戦する予定という。「今季はマラソンをやりたいという目標が一番にあるので、それに向かって頑張れている」。その前に控えるのが全日本大会。昨年は1区で6位と上々の走りを見せたが、今年は予選会と同様にエース区間の3区を希望する。「クイーンズ駅伝はもっと強い選手がいる中で戦わないといけない。その中で自分の力を出し切って、チームに貢献できる走りをしたい」

 チームは3年連続10位。4年ぶりの8位以内とシード権獲得を目指し、地元・宮城で成長した姿を見せる。【新井隆一】

※「サンデー毎日増刊 大会公式ガイドブック」より

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです