メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クイーンズ駅伝・注目選手

第一生命グループ・上原美幸 MGC棄権も覚悟固まる 五輪再挑戦に向け期待

名古屋ウィメンズマラソンで25キロ過ぎ、先頭集団を走る上原美幸(中央)=名古屋市中区で、代表撮影

 「クイーンズ駅伝in宮城 第39回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)が24日、宮城県を舞台に行われる。22チームが参加し、令和最初の「女子駅伝日本一」の座を懸けたレースに挑む注目選手を紹介する。(年齢はレース当日現在)

 ここ数年、伸び悩んでいたホープがMGCでの30キロ過ぎでの途中棄権という挫折をきっかけに覚悟が固まった。

 20歳だった2016年リオデジャネイロ五輪の5000メートルで決勝進出し、次代のマラソンエース候補とされた。しかし、地道なマラソン練習を安定してこなせず、MGCの前も「重圧で空回りした」と万全の準備ができなかった。MGCは序盤で遅れて勝負にならなかった。

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです