メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうの炎鵬

191キロ・千代丸に立ち遅れ「イメージと全然違う形に」

千代丸(左)に突き出しで敗れた炎鵬=福岡国際センターで2019年11月19日、徳野仁子撮影

 大相撲九州場所10日目の19日、関取最軽量98キロの炎鵬は千代丸に突き出しで敗れ、5勝5敗となった。

 「イメージと全然違う形になってしまった」と振り返った立ち合いがすべてだった。

 191キロの千代丸相手に立ち遅れて強烈な突きをくらい、左手で必死にたぐった前まわしを取り切れない。動きのいい相手の懐に…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. ファミマ、11月上場廃止へ 伊藤忠による全株取得を承認 立て直し急ぐ

  3. 特権を問う 生活水源から発がん性物質 汚染源は米軍? 立ち入り調査に高い壁

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. コロナ感染の高鳥衆院議員、「差別解消法」議員立法提出目指し勉強会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです