メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国内組がひ弱さ露呈、層の薄さ浮き彫り 森保Jの惨状にブーイングも

【日本-ベネズエラ】試合に敗れ、厳しい表情の日本の選手たち=大阪・パナソニックスタジアム吹田で2019年11月19日、久保玲撮影

 ただただ、日本は弱かった。フラストレーションだけがたまる一戦。ベネズエラに対して、前半だけで4失点。今までに見たことのない惨状に、前半終了時にはスタンドからブーイングが起きた。

 立ち上がりからパスやトラップのミスが目立った。対するベネズエラは技術など個の質で上回り、よく走る。そんな相手に面白いようにパスをつながれ、前半33分までにロンドンにハットトリックを決められる始末。さらに、その5分後にも失点した。

 日本のレベルアップ、底上げを目指して、ワールドカップカタール大会アジア2次予選のキルギス戦のメンバー23人のうち、海外のクラブでプレーする9人がチームに戻り、Jリーグでプレーする9人が新たに加わった。この日の先発も大きく変わった。だが、ひ弱すぎた。相手に競り負け、スピードでも及ばない。自信がないのか、パスを前に出せない悪循環。「アピールしたい」と意気込んでいた選手たちだが、層の薄さだけが浮き彫り…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです