メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オリパラ for キッズ

/30 車いすフェンシング 座ったままで素早い剣さばき

グラフィック・村上和

[PR]

 パラリンピックで1960ねんだいかい大会たいかいからおこなわれています。基本的きほんてきには、オリンピック(五輪ごりん)のフェンシングとおなじルールですが、くるまいす特有とくゆうまりもあります。

     試合しあいは、あし障害しょうがいのある選手せんしゅ固定こていされたくるまいすにって、けんってたたかいます。時間じかんは3分間ぷんかんを3セット。15ポイント先取せんしゅか、3セットを終了しゅうりょうしてポイントのおおほう勝者しょうしゃとなります。

     種目しゅもくみっつ。けんでねらう場所ばしょ有効ゆうこうめん)が、胴体どうたいだけの「フルーレ」、上半身じょうはんしんの「エペ」と「サーブル」があります。攻撃こうげきは、フルーレとエペは「き」、サーブルは「き」と「り」のふたつ。また、フルーレとサーブルには、さきうでばして攻撃こうげきをしかけた選手せんしゅに「攻撃こうげきけん」があたえられ、攻撃こうげきけんがあるときにだけポイントがはいります。

     試合展開しあいてんかいはやいことが特徴とくちょうです。くるまいすが装置そうち固定こていされているため、五輪ごりんのフェンシングのように、まえうしろに移動いどうして、選手せんしゅ同士どうし距離きょりちぢまったり、ひろがったりすることがありません。ちか距離きょりかいい、すばやく相手あいてけんをはらい、スピードにのって攻撃こうげきします。【武本たけもと亮子りょうこ


     ◆忍法帳にんぽうちょう

    からだ自由度じゆうどふたつのクラス

     選手せんしゅ同士どうし公平こうへいたたかえるように、クラスがふたつにけられています。「カテゴリーA」と「カテゴリーB」です。比較的ひかくてきかる障害しょうがい選手せんしゅは「A」で、自分じぶんからだささえられ、上半身じょうはんしんまえたおしたりうしろにらしたりできます。「B」は障害しょうがいおも選手せんしゅたちで、からだ自由じゆう前後ぜんごたおすことがむずかしいなどの状態じょうたいにあります。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

    2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

    3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

    4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

    5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです