メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『富士日記を読む』『潮待ちの宿』ほか

今週の新刊

◆『富士日記を読む』中央公論新社・編(中公文庫/税別900円)

「日本語日記文学の頂点」「読んでいると金山を掘り当てたような気分になる」(阿部公彦)ほか、絶賛が集まる『富士日記を読む』(中央公論新社編)は、ファンがみな喝采の一冊だ。

 1964年から中断を挟んで約12年書き継がれた日記の書き手・武田百合子は作家・武田泰淳の妻。夏を中心に富士山麓(さんろく)の別荘で、夫に勧められてつけ始めた。泰淳の死後、発表されて世の人々の度肝を抜いた。あまりに素晴らしい。

 日々のできごと、食事、出会った人々のことがつづられるだけなのに、みな心をわしづかみにされた。「発想…

この記事は有料記事です。

残り1497文字(全文1780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです