メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信成氏に提訴された女性コーチ 愛情あふれる教えで選手たちから信頼感(スポニチ)

[PR]

 10年バンクーバー五輪フィギュアスケート男子代表で、プロスケーターの織田信成氏(32)が18日、モラルハラスメント(言葉や態度での嫌がらせ)を受けて関大アイススケート部の監督を辞任に追い込まれ精神的苦痛を受けたとして、同部の浜田美栄コーチ(60)に1100万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴をした。

 提訴された浜田コーチは全日本選手権10位が最高成績の選手から、同大を卒業した23歳の若さでコーチの道に入った。拠点リンクが2度も閉鎖する苦難を乗り越え、コーチ歴は37年目を迎える。現在は、紀平梨花や宮原知子らトップ選手から、下は5歳まで約40人を教える。

 練習は基礎から徹底的に教え込むスタイルで、厳しいことで知られる。一方、紀平の米国遠征に同行し、帰国したその足で幼少選手の試合を見守ることも。選手一人一人に寄り添う愛情あふれる教えで、選手から信頼されている。演技前のリンクサイドで、自分の額と選手の額をピタリとつけ、励ましの言葉とともに送り出すのが恒例となっている。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 宮藤官九郎さん新型コロナ感染 「まさか自分が、と過信してしまい…」

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  5. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです