メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信成氏、女性コーチのモラハラ語る「直接、傷つけられる言葉も言われた」(スポニチ)

[PR]

 10年バンクーバー五輪フィギュアスケート男子代表で、プロスケーターの織田信成氏(32)が18日、モラルハラスメント(言葉や態度での嫌がらせ)を受けて関大アイススケート部の監督を辞任に追い込まれ精神的苦痛を受けたとして、同部の浜田美栄コーチ(60)に1100万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴をした。主な一問一答は次の通り。

 ——監督の立場でも浜田コーチへの進言は難しい?

 「30歳近く年齢が離れ、僕は指導者としてまだまだ未熟で、僕から何かを言うのは難しい環境だった」

 ——無視や陰口のほかにも人格を否定された?

 「あったが具体的なことは裁判で明らかにしたい」

 ——在任中にどれぐらいの頻度で練習を見ていた?

 「シーズン中は他の仕事で行けないこともあったが、できる限り行っていた。指導実績表を毎月、大学に提出している。多い週は6日行っていた」

 ——関大に救済を申し立てたが、戻りたい気持ちはあるか?

 「こういう形でリンクから去るのは残念だが、今のところは戻る可能性は低いと思う」

 ——ハラスメント行為とは?

 「時間の変更でも怒鳴られることがあった。直接、傷つけられる言葉も言われた」

 ——本人に伝えた時の反応は?

 「なぜ(浜田)先生がそういう態度になったのか分からないが、僕に対して敵意があるのでリンクに行きづらいと伝えたが、謝罪はなかった」(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 大阪府で新たに17人感染確認 無症状の小学生も 4人が味覚や嗅覚の異常訴え

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです