メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

松岡昌宏 ドラマ「死役所」 シ村役 自分の味も継ぎ足す

ドラマ「死役所」 シ村役 (テレビ東京系=水曜深夜0時12分ほか)

 この世を去った全ての人が訪れ、天国などに行く前の手続きをする役所が舞台の連続ドラマ「死役所」(20日深夜に第6話放送。一部地域は異なる)。「シ役所」は、死因別に自殺課、他殺課などの担当に分かれ、主人公のシ村は総合案内係として死者を迎える。「今までにないタッチのドラマ。さすがテレ東、そこに手を出すか、攻めてるなーって思って」。新しいものを生み出そうとする作品に加わる喜びを顔に浮かべる。

 人気漫画が原作。演じるシ村は、真面目な外見や死者に接する際の冷徹な雰囲気が、漫画と似ている。「面白いもので、やっぱり周囲にいるんですよ。何人かああいう(シ村のような)タイプが。商売やってたり、芸能界以外にね。そいつを入れて、漫画の要素を入れて、自分のエッセンスも入れた」と役作りについて話す。「心がけたのはオリジナリティー。まず“松岡シ村”は、こうだというのを作る。お客様(視聴者)の口に合うかはひ…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです