メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

車椅子で社交ダンス 所沢の障害者施設、身体機能向上に期待 「誰でもできるよう広めたい」 /埼玉

曲に合わせて施設職員らと踊る車椅子利用の障害者=所沢市坂之下の「プロペラ」で

 所沢市立の障害者生活介護事業所「プロペラ」で、利用者たちが毎月1回、車椅子社交ダンスを楽しんでいる。今年で5年目で、同施設は意思疎通の意欲や身体機能の向上に効果が表れているとみる。指導する同市の社交ダンス教室主宰者、増澤克宣さんは、普及に意欲を見せている。

 増澤さんが、車椅子を使う先天性の重度障害者も楽しめるようにと考案した。2人1組で、音楽に合わせて健常者が車椅子を動かし、障害者は車椅子に乗ったまま体や手でリズムを取るなど体を動かす。健常者側は、時に前に回って障害者と手を合わせて左右に動かしたり、タッチを繰り返したりする。

 増澤さんは「障害の程度もそれぞれなので、できる範囲でやる。曲も利用者が聞き慣れた演歌とか歌謡曲も使う」と話す。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです