メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日中合同追悼の集い 強制連行、悲劇訴える靴 6830人分、それぞれに命と家族 /東京

 戦時中に中国から日本に強制連行され、過酷な労働を強いられるなどして亡くなった犠牲者を追悼する日中合同の集いが19日、港区の芝公園で開かれた。秋田県の鉱山で400人以上が犠牲となった「花岡事件」などの遺族40人も来日して参列。犠牲者をしのぶとともに、日中友好を誓った。【井田純】

 第二次大戦末期、日本は労働力不足を補うため、約4万人の中国人を連行、劣悪な環境で全国135カ所の鉱山…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 「離さへん!」再現 朝ドラ「スカーレット」舞台で松下洸平さんトークショー

  5. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです