メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

行政ファイル

米国産トウモロコシに残留農薬 /京都

 府山城北保健所は19日、宇治市内の企業が米国ネブラスカ州から輸入したポップコーン用トウモロコシから殺虫効果のある農薬2種類が基準を超えて検出され、1540袋(約35トン)の廃棄か返送、あるいは食用以外への転用を命じたと発表した。トウモロコシは流通しておらず、仮に食べても健康被害の心配はないという。…

この記事は有料記事です。

残り58文字(全文208文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです