メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

行政ファイル

米国産トウモロコシに残留農薬 /京都

 府山城北保健所は19日、宇治市内の企業が米国ネブラスカ州から輸入したポップコーン用トウモロコシから殺虫効果のある農薬2種類が基準を超えて検出され、1540袋(約35トン)の廃棄か返送、あるいは食用以外への転用を命じたと発表した。トウモロコシは流通しておらず、仮に食べても健康被害の心配はないという。…

この記事は有料記事です。

残り58文字(全文208文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです