メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

転落の日本人助けようと死亡 韓国人学生テーマに 西南大で23日「かけはし」上映会 /福岡

 東京のJR新大久保駅で2001年1月、線路に転落した日本人を助けようとして亡くなった韓国人の日本語学校生、李秀賢(イスヒョン)さんをテーマにしたドキュメンタリー映画「かけはし」(95分、2017年)の上映会が23日午後2時、早良区西新3の西南学院大博物館2階講堂で開かれる。

 作品は2部構成で、第1章は関係者へのインタビューで李さんの足跡をた…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 奈良・橿原の殺人・放火 不明の男性が事件後、福岡のネットカフェに?

  5. 子供らに「補助犬知って」 シンシア主人公の紙芝居も 兵庫・宝塚でシンポジウム

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです