メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

転落の日本人助けようと死亡 韓国人学生テーマに 西南大で23日「かけはし」上映会 /福岡

 東京のJR新大久保駅で2001年1月、線路に転落した日本人を助けようとして亡くなった韓国人の日本語学校生、李秀賢(イスヒョン)さんをテーマにしたドキュメンタリー映画「かけはし」(95分、2017年)の上映会が23日午後2時、早良区西新3の西南学院大博物館2階講堂で開かれる。

 作品は2部構成で、第1章は関係者へのインタビューで李さんの足跡をた…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  3. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです