メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「祇園太鼓 血がたぎる」 中村座公演、勘九郎さん思い語る 小倉昭和館 /福岡

「毎日、芝居が終わると紫川の川べりで小倉の夜景を楽しみながらお酒を飲んでいます」と打ち明ける勘九郎さん(左)

 平成中村座小倉城公演(26日まで)に出演中の中村勘九郎さんが17日、小倉昭和館で映画監督の平山秀幸さんと対談。公演への思いなどを語った。

 夜の部の通し狂言「小笠原騒動」は、大詰めで舞台の壁が外され、背景に小倉城が現れる。小倉祇園太鼓保存振興会のメンバーも登場して太鼓を打ち鳴らす。「あの城内でこんな…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです