メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

薬物、若者抵抗薄く 「ノリ悪いと思われないように」 大麻・MDMA、入り口に

MDMA=警察庁の薬物乱用防止パンフレットから

 合成麻薬MDMAの所持容疑で16日に逮捕された俳優の沢尻エリカ容疑者(33)は警視庁の調べに「大麻、MDMA、LSD、コカインを使用していた」と供述し、10年以上の薬物歴を明らかにしたという。大麻やMDMAは薬物の「ゲートウエー(入り口)ドラッグ」とも言われ、検挙される人数が増えている。専門家は「若者世代への対策を強化すべきだ」と警鐘を鳴らす。

 「有名芸能人の逮捕だから報道が目立つが、薬物はすでに一般社会にまん延しつつある」。依存者のリハビリ施設「館山ダルク」(千葉県館山市)の十枝(とえだ)晃太郎代表(49)は危惧する。

この記事は有料記事です。

残り1866文字(全文2130文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです