メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

薬物、若者抵抗薄く 「ノリ悪いと思われないように」 大麻・MDMA、入り口に

MDMA=警察庁の薬物乱用防止パンフレットから

 合成麻薬MDMAの所持容疑で16日に逮捕された俳優の沢尻エリカ容疑者(33)は警視庁の調べに「大麻、MDMA、LSD、コカインを使用していた」と供述し、10年以上の薬物歴を明らかにしたという。大麻やMDMAは薬物の「ゲートウエー(入り口)ドラッグ」とも言われ、検挙される人数が増えている。専門家は「若者世代への対策を強化すべきだ」と警鐘を鳴らす。

 「有名芸能人の逮捕だから報道が目立つが、薬物はすでに一般社会にまん延しつつある」。依存者のリハビリ…

この記事は有料記事です。

残り1906文字(全文2130文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 「離さへん!」再現 朝ドラ「スカーレット」舞台で松下洸平さんトークショー

  5. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです