メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

宝の山 中国総局・赤間清広

書店のおすすめコーナーに平積みされる「人間失格」「吾輩は猫である」などの翻訳本=北京市内で2019年11月14日午後、赤間清広撮影

 東野圭吾、村上春樹、宮部みゆき――。日本の小説の出版ブームが続く中国で、今度は日本の古典に注目が集まっている。書籍ネット販売大手「当当網」によると、太宰治の「人間失格」は今年2月以降、計6回も月間総合販売ランキングでトップに立った。

 北京の書店を訪ねると、書棚には「吾輩は猫である」(夏目漱石)、「羅生門」(芥川龍之介)、「痴人の愛」(谷崎潤一郎)などがずらり。枕草子や古事記の翻訳本もそろう。「人間失格」は10種類近い翻訳本があった。

 ブームの背景は何か。中国メディアは「中日は文化的な背景が共通しており、作品世界をより深くイメージし…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  2. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  3. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  4. 五輪特需、延長頂きました スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  5. Dr.STONE テレビアニメ第2期の制作決定 「ジャンプ」の人気マンガが原作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです