メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米貿易協定、晴れぬ疑問 政府、車抜き試算公表拒む 衆院通過

日米貿易協定の承認案が与党などの賛成多数で可決された衆院本会議=国会内で19日、川田雅浩撮影

 日米両国の農産物や工業品の関税を削減・撤廃する日米貿易協定案が19日、衆院本会議で与党の賛成多数で可決され、衆院を通過した。だが、関税撤廃が見送られた日本製の自動車とその部品を巡る今後の交渉の見通しなどについて、政府の説明はあいまいなまま。論戦の舞台は参院に移るが、協定を巡る疑問が晴れるかは見通せない。【田所柳子】

 「トランプ米大統領の追加関税の脅しに屈したのではないか」。立憲民主、国民民主両党などの統一会派の後…

この記事は有料記事です。

残り936文字(全文1145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです