メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損保大手3社、保険金支払い1兆円弱 自然災害増、今年度見通し

台風19号による大雨で増水し氾濫した千曲川=長野市穂保で10月13日、本社ヘリから

 損害保険大手3グループは19日、台風19号など自然災害による2019年度の保険金支払い見通し額を公表した。3グループの総額は約9800億円で、過去最大だった昨年度(約1兆6600億円)に続き2年連続で1兆円規模に膨らむ。再保険や積立金の取り崩しでカバーするため業績への影響は限定的だが、大型自然災害の増加を受け火災保険料の値上げを検討する。

 3グループによると、保険金支払い見通し額は9月の台風15号で計約3800億円、10月の台風19号で…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです