メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

消費税とキャッシュレス=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 10月1日に消費税が10%に引き上げられてからまもなく2カ月になる。増税への不安の声は小さくなり、増税と同時に導入されたポイント還元制度によって、キャッシュレス化への動きが加速している。

 国がキャッシュレス決済を使ったポイント還元事業を開始したのは、増税による景気の変動を抑えるためだ。具体的には、消費者が店舗で買い物する際に、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済等の方法で支払った場合には、購入額の最大5%のポイントが付与される。

 日本国内では、8割超が現金による支払いでキャッシュレス化がなかなか進まないという現状にあった。とこ…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  2. 五輪特需、延長頂きました スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  3. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  4. ザギトワ「大学進学しコーチに」 ロシアTV番組で“引退宣言”

  5. 税金そして国家の「私物化」 桜を見る会何が問題か 前編

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです