メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

胆のうに小さなポリープ=答える人・銭谷幹男院長(山王メディカルセンター・消化器内科)

銭谷幹男院長 山王メディカルセンター(消化器内科)

 Q 胆のうに小さなポリープ

 超音波(エコー)検査で胆のうに小さなポリープが10個ほど見つかりました。医師に「年2回検査して様子を見ましょう」と言われましたが不安です。(大阪府、女性、75歳)

 A 基本的に良性 脂質控えた食事を

 胆のうは、脂肪を消化する胆汁を一時的にためておくための臓器です。肝臓と十二指腸とをつなぐ管の途中にあり、洋梨のような形をしています。胆汁は肝臓で1日に1リットルほど作られていて、約9割が水分ですが、胆汁酸塩やコレステロールなどの成分が含まれています。

 相談者が心配されている胆のうポリープは、胆のうの内側にできる隆起物のことで、いくつか種類があります…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. “飲ん”だら、気をつけて!ホーム転落防止、JR西がのんさん起用しキャンペーン

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです