メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニマルクライシス

人間とクマ、崩れる「共存」

住宅街をうろつくヒグマ(左奥)。右の自動車には人が乗っていて距離は近い=札幌市南区で2019年8月13日午後7時36分、貝塚太一撮影

 <くらしナビ・環境>

 札幌市の住宅地で今年、ヒグマの目撃が相次いだ。里山の荒廃や農地の放棄が進み、住民との距離が縮まったためだ。生活を脅かす害獣として扱うのか、それとも保護すべきか。人間との共存のあり方が問われている。

 ●札幌市駆除に賛否

 「パン、パーン」。今年8月14日早朝、札幌市南区の住宅地で乾いた銃声が響いた。市が猟友会の協力を得て駆除したのは、体長140センチ、体重128キロで推定8歳の雌のヒグマだった。

 同じ個体とみられるヒグマは8月2日以降、夜間を中心に同区内で目撃が相次ぎ、サイレンやライトで威嚇し…

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文1853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  4. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです