メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・医療・健康

急性内斜視 子どもに多発

 両目で物を見ると二重だが、片目では正常――。そんな人は、急性内斜視の恐れがあるので注意が必要だ。片方の瞳が内側にずれる病気で、これまで少なかった子どもたちに多発しているという。専門家も心配するその理由とは。

 ●スマホが原因か

 埼玉県に住む高校1年の女性(16)が、異変に気付いたのは2年前。母親(46)から「右の瞳が内側に寄っている」と指摘された。以前から物が二重に見える症状があったため気にとめず、近隣の眼科に通って様子を見ていた。だが、昨年12月に順天堂医院で根岸貴志准教授の診察を受けたところ、急性内斜視の可能性を指摘された。

 珍しい急性内斜視がなぜ起こるのか。原因はスマートフォンとみられる。女性は小学6年の時にスマホを購入…

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. HDD情報流出 逮捕の容疑者「転売目的で盗んだ」「中身は不明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです