メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

退院促進、変わる精神科病院 長期療養型脱却へ多職種が連携 病床減は収入減、国は財政支援を

未来の風せいわ病院のスーパー救急病棟の作業療法。退院後の生活に向け、動ける患者には体操やダンスのプログラムもある=盛岡市で2019年10月16日、上東麻子撮影

 日本の精神医療は、長らく「入院日数が長すぎる」と批判されてきた。だが近年、患者や障害者の生活の場を地域に移そうという動きの中で、旧来の長期療養型から脱却して急性期の治療や退院促進に力を入れる病院が増えている。ただ、改革を進めるほど経営が厳しくなる現状もあり、後押しする施策が国に求められる。【上東麻子】

 「入居予定のグループホームの環境は?」「退院後は仕事に戻れる?」

この記事は有料記事です。

残り2058文字(全文2243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 奈良・橿原の殺人・放火 不明の男性が事件後、福岡のネットカフェに?

  5. 子供らに「補助犬知って」 シンシア主人公の紙芝居も 兵庫・宝塚でシンポジウム

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです