メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外コロナ刑事罰規定削除 懲役・罰金とも 与野党合意

退院促進、変わる精神科病院 長期療養型脱却へ多職種が連携 病床減は収入減、国は財政支援を

未来の風せいわ病院のスーパー救急病棟の作業療法。退院後の生活に向け、動ける患者には体操やダンスのプログラムもある=盛岡市で2019年10月16日、上東麻子撮影

 日本の精神医療は、長らく「入院日数が長すぎる」と批判されてきた。だが近年、患者や障害者の生活の場を地域に移そうという動きの中で、旧来の長期療養型から脱却して急性期の治療や退院促進に力を入れる病院が増えている。ただ、改革を進めるほど経営が厳しくなる現状もあり、後押しする施策が国に求められる。【上東麻子】

 「入居予定のグループホームの環境は?」「退院後は仕事に戻れる?」

この記事は有料記事です。

残り2058文字(全文2243文字)

上東麻子

1996年毎日新聞入社。佐賀支局、西部本社、東京本社くらし医療部などをへて2020年から統合デジタル取材センター。障害福祉、精神医療、差別、性暴力、「境界」に関心がある。2018年度新聞協会賞を受賞したキャンペーン報道「旧優生保護法を問う」取材班。連載「やまゆり園事件は終わったか?~福祉を問う」で2020年貧困ジャーナリズム賞。共著に「強制不妊ーー旧優生保護法を問う」(毎日新聞出版)、「ルポ『命の選別』誰が弱者を切り捨てるのか?」(文藝春秋)。散歩とヨガ、ものづくりが好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです