メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

よい父親の距離感 できる範囲で多幸感を=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

育児参加する男性は増えているが、出産時にできることには限界がある マンガ「コウノドリ」(C)鈴ノ木ユウ/講談社

 最近、育児休暇を男性が取得できる企業が増え、イクメンという言葉も定着してきました。日本に限らず、多くの地域では古くから妊娠出産は男子禁制のようになっています。

 よく「よい父親になるにはどうしたらいいのですか?」という質問を受けます。こうした時には「子どもが生まれれば、自動的に父親になります。よい父親かどうかは嫁はんと子どもが評価します」と答えています。

 これでは禅問答ですね。僕自身、たくさんの事例を見てきて思うのは、家族はそれぞれの距離感があるという…

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1218文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  2. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  3. 全国女性消防操法大会 和木隊が準優勝 町長に報告 /山口

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです