メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

禁止薬物「下限値」必要=鈴木大地

 アスリートが禁止薬物を使用するドーピング問題が猛威を振るっている。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は今月、遺伝子操作の技術を用いた「遺伝子ドーピング」の検査を2020年東京五輪で導入する方針を明らかにした。ロシアによる国ぐるみのドーピング問題も依然としてくすぶっている。

 日本では数年前まで目立ったドーピングの事例がなかった。だが、東京五輪を前に国内でもドーピング事例が散見されるようになった。ライバル選手の飲食物に禁止薬物を混入させるという言語道断のケースもあった。

 自国開催の五輪出場を懸けた厳しい競争が、ドーピングでゆがめられることはあってはならない。しかしなが…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです