メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

禁止薬物「下限値」必要=鈴木大地

 アスリートが禁止薬物を使用するドーピング問題が猛威を振るっている。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は今月、遺伝子操作の技術を用いた「遺伝子ドーピング」の検査を2020年東京五輪で導入する方針を明らかにした。ロシアによる国ぐるみのドーピング問題も依然としてくすぶっている。

 日本では数年前まで目立ったドーピングの事例がなかった。だが、東京五輪を前に国内でもドーピング事例が散見されるようになった。ライバル選手の飲食物に禁止薬物を混入させるという言語道断のケースもあった。

 自国開催の五輪出場を懸けた厳しい競争が、ドーピングでゆがめられることはあってはならない。しかしながら、最近では、うっかり禁止薬物を摂取してしまった「過失」や、全く身に覚えのないケースもみられる。後者は改善が求められる。

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 新型コロナ感染者 国内で初めて2000人超える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです