特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜を見る会の首相推薦1000人 昭恵氏分も 前夜祭は「記載必要ない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院本会議で「桜を見る会」とその前夜祭を巡る問題について野党議員の質問に答える安倍晋三首相=国会内で2019年11月20日午前10時45分、川田雅浩撮影
参院本会議で「桜を見る会」とその前夜祭を巡る問題について野党議員の質問に答える安倍晋三首相=国会内で2019年11月20日午前10時45分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は20日午前の参院本会議で、自身の後援会関係者が「桜を見る会」に多数出席していた問題について、「私自身も事務所から相談を受ければ、推薦者について意見を言うこともあった。これまでの運用については大いに反省すべきだった」と釈明した。「桜を見る会」を巡り、首相が国会で説明するのは11月8日の参院予算委以来で、2020年の桜を見る会の中止決定後では初めて。立憲民主党の那谷屋正義氏への答弁。

 首相は来年の開催中止に関し、「今後、私自身の責任において、招待基準の明確化や招待プロセスの透明化を検討するとともに予算や招待人数も含め、全般的な見直しを幅広く意見を聞きながら行っていく」と述べた。また、桜を見る会の参加者数は「毎回正確な参加人数の報告は受けてない」と述べるにとどめた。

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1442文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集