外務省、「ローマ教皇」に呼称変更 安倍首相と25日に会談

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
フランシスコ・ローマ教皇=AP
フランシスコ・ローマ教皇=AP

 外務省は20日、フランシスコ・ローマ教皇が23~26日の日程で来日するのに合わせ、これまで日本政府として「ローマ法王」としてきた呼称を「ローマ教皇」に変更したと発表した。外務省幹部は「カトリック関係者をはじめ一般に『教皇』の呼称を用いる例が多くみられるため」と理由を説明。ただ、「『法王』を使用しても間違いではない」と話し…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

あわせて読みたい

注目の特集