メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜を見る会」下関・安倍事務所招待者、5年で倍増 「誘われてびっくり」との声も

「桜を見る会」の記念品として配られた升。2015年に参加した自民系の元下関市議は「参加する人が増えすぎたのは反省すべきだ」と話した=山口県下関市で2019年11月20日午後2時30分、平川昌範撮影

 「桜を見る会」に安倍晋三首相の後援会関係者が多数参加していた問題で、首相の地元・山口県下関市の安倍事務所が関与した招待者が5年前からほぼ倍増したとみられることが関係者への取材で判明した。参加者の顔ぶれも以前に比べて肩書などを問わなくなり、事務所が人数増大に苦慮していたとの証言もある。行き過ぎた地元優遇を事務所が制御できず、肥大化を招いた構図が浮かんでいる。

 安倍首相は前日に東京都内のホテルで後援会主催で開かれた「前夜祭」の参加者を約800人とし、その多くが桜を見る会にも出席したとしている。

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  3. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです