メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税対策使いこなし術

同じ缶ビール、店舗を替えて買い比べてみてわかったこと

ビールの価格は店舗や決済方法によって異なる(画像の一部を加工しています)

 消費税率10%への引き上げで軽減税率(8%)の対象外となった品目が酒類だ。晩酌が欠かせない記者(38歳)にとって2%の値上げは痛手だが、実際の負担増はどの程度になるのか。物価の動きをフォローする日銀担当記者として、仕事帰りや週末に缶ビールをさまざまな店で購入して実態を調べてみることにした。

 対象はキリンビールの「キリンラガー」や「キリン一番搾り」、アサヒビールの「スーパードライ」など1本(350ミリリットル)の価格だ。出費を考えると「第3のビール」にしたかったが、比較のしやすさなどを考えて通常のビールとした。サッポロビールの「エビス」やサントリーの「プレミアムモルツ」などの高級品は除いた。

 まず仕事帰りに向かったのは、コンビニエンスストアだ。どのチェーンも同じ価格だと思い込んでいたが、税抜き価格はセブン―イレブンが205円(税込み225円)、ファミリーマートが207円(同227円…

この記事は有料記事です。

残り1431文字(全文1827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 特集ワイド 池上彰さんと語る感染症 ジャーナリスト・増田ユリヤさん

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです